釣 行 日 2008/12/30(火)
場  所  印旛新川 逆水橋付近 沈船脇  →   U字溝流れ込み
時  間 午前7:00頃〜午後3:30
仕 掛 け 12尺バランス     →    移動後  竿18尺 道糸3.0号 ハリス1.5号  10p 15p    オモリべた
えさ   イモグル単品
釣果 沈船脇 当たりなし   移動→    U字溝流れこみ  ジャミ多数     鯉 1匹

  今年最後の釣りです。相変わらず逆水橋付近に来ました。

前回までU字溝の流れ込みで何回かやったのですが冬になり

冷え込んで来ると深場にはヘラがいないように感じたので

今日は、沈船脇の浅場で水草の脇を攻めてみようと思います。

  ここには水草がこんもりと生い茂りいい感じです。

しかし7時頃にはじめたのですが2時間打ってもジャミの当たり

  もなく浮きがピクリともしません。



  段々対岸のU字溝が気になり始めます。

  「あすこに行けば何らかの浮きの動きがあるよ」と

浮気心が顔を出します。


 
  結局、移動してしまいました。

さてさてどんな釣りになることやら結果は誰にもわかりません。

  ここでの開始は9:30〜です。

  案の定、1時間位で浮きに動きが出て来ました。

でもヘラの様子ではありません。いつものジャミ当たりです。

  よくマア大きな針をうまく咥えるものだと感心します。




  ヘラの当たりとジャミの当たりでは違うのはわかっていますが

ついつい手が動いてしまいます。



  結局ジャミ釣りになってしまいました。

  浮きが動かないよりは暇をつぶせるので我慢します。



  大型が寄ってくればジャミ当たりもなくなるだろうと

淡い期待を持って餌を打ち続けます。


  天気は、サイコーです。

  水面もなぎで風もなく背中に太陽の光を受けてポカポカで

気持ちの良い釣りです。



  写真は対岸の様子です。

月刊「へら鮒」雑誌に載っていた場所です。

雑誌を見て来たのでしょうか?  いつもより多いようです。

  今日のお昼はコンビにのてんぷらそばです。

お湯を入れるタイプですが、最初のお湯で麺を温めて

  お湯を捨てもう一回お湯を足します。

値段はちょっと高めの400円弱ですが海老も大きく本物で

  なかなかおいしかったです。

  食事が終了して釣りの再開です。

午後2時頃、待望の当たりです。消しこみと思いますが

当たりが無い中、良く反応したと自分でも感心します。

  2目盛り位入ったところで合わせられたと思います。

ガッチリ乗りました。4メートルの深場でのやり取りは最高です。

  鯉さんの顔を見たときにはガッカリしましたが顔を見るまでの

戦いは期待と、もしかしてとの思いで胸も張り裂けそうです。

  これが良いんですねえ。完全にビヨーキですね。