釣 行 日 2008/06/21 (土)
場  所  印旛新川  逆水橋 付近 沈船脇
時  間 午前6:00頃〜午前11:00頃
仕 掛 け   竿15尺  道糸3.0号  ハリス2.0号  10p 15p    オモリべた  水深 2本 
えさ   イモグル 四季
釣果  鮒 9匹  ・  ブルーギル 1匹
 
  今日は、90%の雨ながら梅雨の雨なのでシトシトピッチャンで

大荒れにはならないだろうと釣を決行した。

  車を迷惑のかからないところに駐車し、目的の釣り場に

着いたら、材木で出来た釣り台が漂着し釣り場をふさいで

いるではないか、こんなでかい材木どうしょうかと思案したが

どうしてもここでやりたかったもので動かすことにした。

  とても重かったが右際に何とか移動させ釣り場を確保した。


  雨の中六時に釣りを開始

  雨の中パラソルの下での釣りも落ち着いていいものだ

結構私は雨の中の釣りは好きだ。

  一時間位餌を打っている。そして雨も上がってきた。

  流れはほとんど無い。水面も静かでベタなぎ。

  新川は風が強く荒天の時に釣れると言うことが頭をよぎる。

どんな小さな当たりもはっきり分かる。何故だか今日は

ブルーギルがこない。不思議なこともあると思いながら
  あまりのベタなぎにバランス仕掛けにした方がさわりが

分かるかなと迷ったが面倒くさいので続行。

  雨がやんで泡付けがあるのが確認できる。ほんの少しだが

道糸の回りに魚がいる気配がする。

  スッート1目盛入った。ガッ良し乗った。一気に水草の下に

引っ張られたが、水草は浮き草なので障害物は無いはずだ。

穂先が水面に引っ張られる。我慢したがばれてしまった。

  「ナンテコッタ」2号のハリスが飛んでいる。参った。
きっと鯉だなとあきらめる。
 もやもやと当りが出ない。なんかいるんだけどな、と思いながら

一目盛入った。良し切れるなよと願いながらこんなに強い

引きは又鯉かと半分あきらめ気味、鯉でもいいやと我慢する。

  時間をかけて魚が疲れるのを待つ、穂先は水面すれすれ

だが段々と上がって来た。チラッと見えた魚影は、鯉じゃない。

ヘッヘッヘラみたいだゾ、それでも又潜られて元気が良い。

  しかし何とか玉網に入った。(上の画像)
なんと腹パンのへら

今の時期まだ腹パンのヘラがいるんだと驚いた。

  測定したら47センチあった。スゲーとしばらく見とれてしまった。

フラシ替りの生簀に入れようかと迷ったがリリースすることに
した。

  何か悪いことが起きなきゃいいがと思った。帰りの車は

細心の注意で安全運転に心がけようなどと考えながら、釣りを

再開した。なんとなく道糸から浮きを通して気配がある。

  2目盛上がった、上がったままだ。ひょっとして食い上げかな、

ゆっくり合わせた、いきなりすごい引き今度はチョット我慢したら

上がってきた。43センチでお腹がペッシャンコはたいたへら?
 
  その後、当りは止まったが30分間隔位で型は小さいが釣れて

来る。

  これは消しこみで釣れてきました。
  まだ魚はいるようです。

これは食い上げで釣れて来ました。

  40上の後の34センチはなんか物足りない気がしますが

贅沢な話です。慢心しないように心がけます。

  途中で餌をイモグルと四季のブレンドにしましたが1時間ほど

打ちましたがまったく駄目でイモグル単品に戻したら

又、釣れて来ました。36センチです。

  今日は、イモグル単品が良かったようです。

私は、最近イモグル単品が多いです。

  本日の釣果です。1匹入れるときに逃げられて7匹と

40上の2匹を加えて鮒を9匹釣ることが出来ました。

  こんな日もあるんですねえ。
   さて厄落としの話ですが。

釣りを終わりにして土手に上がり帰ろうしたのですが、ふと

水辺の様子を確かめて釣り場になるような足場がないかと

土手を下りていたら、いきなり落とし穴にでも落ちたように

スドーンと落ちてしまいました。水は太ももくらいで何とか

止まりましたが、前回来た時に足元からドン深になっているのが

分かっていたので、このまま水没かと冷や汗ものでした。

  しかしどうやって這い上がろう・・・助けを呼ぶか・・・・。
  落ち着いて、持っている荷物を邪魔にならないところに

押し上げて、草をつかんでやっとのことで這い上がりました。

  ズボンも、上着も泥だらけ、帰りの途中で食事しようと

考えていたけど、これではお店に入れません。

  お腹をすかして帰宅、カーちゃんに食事作ってもらいました。

インスタントヤキソバの美味しかったこと。

  落っこちたことで47センチのへらの厄を落としたと思い

たいです。