釣 行 日 2008/06/07 (土)
場  所  印旛新川  逆水橋 付近 沈船脇
時  間 午前5:00頃〜午後1:00頃
仕 掛 け   竿15尺  道糸3.0号  ハリス2.0号  10p 15p    オモリべた  水深 2本 
えさ   イモグル
釣果  鮒 5匹  ・ 鯉 1匹    ブルーギル 多数
 
  夏至が近いと言うことで、明るくなるのが早いと踏んで

3時に起床、3時半にバイクで出発、新川へは1時間ちょっと

で着いた。

  場所は、前回の逆水橋の傍だ。到着して  足場の確保で

少し思案したが、草を刈ることにした。

  既成の釣台と違い、足場は悪いが何とか場所が出来た。

  持参の釣台をセットし釣りを開始した。

  全景は写真の通り、パラソルもすぐにセットし日よけ対策も

万全だ。娘に日焼け止めのオイルも借りてきた。

  前回と違い、魚の気配がない。

  心配しながらの釣りが始まったがどんな釣りになるのか

この開始の時間が好きだ。ドラマの始まりだ。

  15尺の竿で丁度水草の先端部分を狙える。

  18尺で水草の沖目が良いかなと色々考えるが結果は

釣が終わらないと分からない。

  時々思うのだが、釣りはパチンコに似ていると思う

大当たりを目指して大金を注ぎ込みあきらめたところに

次の客が来て、1000円も使わないうちに大当たり。

  釣りも何時大物が掛かるか分からない、まあこれが

醍醐味なんだけど、魚探器まで使用しての釣りも味気ない

ような気がする。

  話がそれたけど、10投目に写真の鮒が来ました。

  「イルジャン」これで一安心。


  浮子が動き始めました。前回と同じで

  ブルーギルが釣れて来ました。まあ浮子が全く動かない

よりはいいかとあきらめる。

  泡付けも時々あるけどヘラ鮒なのか分からない。

  対岸のボサに4名の釣師が入りましたが釣れてはいない

ようです。

  対岸で地元の方なのでしょうノコギリと杭で釣台を

作っていました。そのうちに完成したのか釣り始めましたが

あんな大きな音をさせた後で、釣れるのでしょうか?

  私は、草に囲まれたような場所で釣るのも風情があって

野釣りらしく良いと思うのですが、人それぞれです。

  ここには作ってほしくないですねえ。
  なんだかんだで、ボチボチ釣れてきます。

もちろんこの間にブルーギルは何枚も来ています。

  前回と違い、かなり型が小さいです。

これってヘラ鮒じゃないですよねえ。

  釣れてくる鮒はどうもヘラじゃない気がします。
  私は、釣れれば何でもいいのですが、姿形の良いヘラ

にめぐり合えれば、もっと嬉しいことは分かっていますが

やはり釣れれば何でもいいものです。

  贅沢はいえません。

  これは、鮒の42センチと思ったのですが、よーく観察すると

口の脇にヒゲがあります。姿かたち色といい鮒だと

思ったのですが、こんな鯉もいるんですね。

  鯉と鮒のハーフて出来るものなんですかねえ。

可能なのでしょうか?ご存知の方がいたら教えてもらえると

嬉しいです。

  今回は、3号の道糸に2号のハリスです。切れる訳がない。

42センチの鯉もあっという間に上がりました。竿がかわいそう。

  今日も、水草の島が流れてきました。
前回とは逆で左から流れてきました。

  これがゆっくりでしばし休憩です。おまけに固定の水草に
当たり止ってしまいました。これじゃ釣りにならない
と思っていたら、ゆっくりと当たったところを軸に回転して
流れていったので又再開することが出来ました。
     
  でも時間は10時半です。全く当たりがなくなり時々ブルーギル
が来るのみです。

 
ハリスが太すぎるかと思い0.8号に交換しましたが、様子は
同じです。12時半頃37センチのマブナです。これはハリスの
せいではないと思います。
   本日の結論、ハリスは2号でも釣れるのは間違いない。
釣果もさほど変らないということになりました。これも
野釣りだからでしょう。

  残念なことはハリスが切れそうな大物
が掛からなかったことですが、これだけ釣れたら、満足です。

今日も楽しい釣りでした。しばらく2号でやってみます。

道具を洗ってしまう時、タオルを水に落としてしまいましたが、
底に沈んでも拾えばいいやと思っていたところ釣台の
足元から、2本あるのには驚きました。玉網で何とか底を探る
ことは出来ましたが、結局タオルは行方知れずになりました。
こんなに深いんだ、落ちなくて良かった。かけ上がりじゃなかっ
たんだと驚きました。
  これも野釣りならではですね。知らないのは私だけかな。