釣 行 日 2008/05/24 (土)
場  所  印旛新川  逆水橋 付近 沈船脇
時  間 午前5:30頃〜午後2:00頃
仕 掛 け  竿18尺  道糸2.0号  ハリス1.0号  10p 15p    ドボン  水深 2本 
 竿15尺  道糸1.5号  ハリス1.0号  10p 15p    ドボン  水深 2本 
えさ   イモグル
釣果  亀 1匹  ・ ブルーギル 多数 ・ 鮒 3匹 ・ ハリス切れ4回 ・道糸切れ1回     
   本日は、午後から雨の予報、夕方には用事があるので

昼までの釣行です。

  場所を何処にしようかと迷いました。北印旛の酒直の

機場・ヘドロの対岸いまいちその気になりませんでした。

  逆水橋の流れ込みにしょうかとも思いましたが、以前から

ちょっと頭の隅にあった沈船を思い出し、あの沈み方だと

かなり深そうだなと思って、そういえば傍に水草もあったな

という訳で本日の場所が決まりました。

  釣れなければ対岸の流れ込みに行けば何かは釣れる

だろうとの魂胆です。

  釣り始めは、写真のとおり風もなく水面は静かでした。

魚の気配はあります。鯉の泡づけヘラらしき泡付けもあります。

期待に胸を膨らませ開始しました。

  ところが期待に反してなかなか浮子が動きません。

沈船の傍で何回も水面が揺れます。何かがいます。

ヘラなのかは分かりません。
  待望のアタリがありこれです。ミドリ亀です。

ゴミかなと思っていたら重い亀でした。

  そういえば周りで何匹も亀が首を出し泳いでいます。

呼吸をしているのでしょう。噛付き亀じゃなくて良かった。

  
  しばらくしてモゾのアタリで乗りました。でかい

と思った瞬間は走られて1号のハリスが切れました。

  本日はこれが何回かあります。
  浮子が動き始めました。しかし

ブルーギルの入れ食いです。まあ浮子が動くからいいかと

  ギルの途切れた後を楽しみに10匹位釣ったでしょうか、

ギルのアタリがなくなりました。

  時間は8時近く、全くさわりがなくなりました。

餌を打てども打てども、浮子は動きません。

  段々あきらめ気分になってきました。

でも泡付けははあります。しかしメタンガスの泡だなと納得。

  対岸の流れ込みに移動するかと考えながら、よしこの一投で

アタリがなければ移動しようと決心、しばらく待ったが浮子は

動かない。よし移動だと竿を上げたら重い、根がかりかと

思った瞬間走り始めた。

 しばらく格闘したが、なかなか顔を見せない。

鯉かな鯉だろうなと思っていたら上がって来たのはヘラ?です。

やったと思ってもまだ玉網はバックの中、片手で竿を操作し

組み立てて何とか玉網に入れることに成功。36センチでした。
  ドボンの釣りしているとアタリが浮子に出ないときって

過去に何回もある。やはり腕が悪いんだな。

  何回かハリスを切られる。やはり腕が・・・・・・。

でも、いることが分かったので移動は中止です。

  この頃から風が出できて18尺では振込みづらくなってきた。

正面からの風に負けずしばらく我慢が続きます。

  そんな中、浮きが上下にきざんだ、よーし来た。

35センチです。満足満足。

  水草の島がゆっくりと流れてきました。

こんな水草の上にヘラのでかいのが死んでたりするんだね。

  この水草に魚は付きやすいのかもやはり障害物のある

所が安心なのかも知れません。

  島が通り過ぎるまでしばらく釣りは出来ません。

ところで、この島がこのまま止まってくれたら良いポイントだと

思うのは私だけでしょうか。

  水面の静かなこと、島の向こう側では風ですごい波です。



  島が通り過ぎて再開ですが風で振込みづらいのと浮きが

波で見づらいので、15尺に変更です。水深はほぼ同じです。

  浮子も手前で見やすく水草の蔭で波もなく良い感じです。

しばらくして、写真の33センチが釣れてきました。

  その後、ツンのアタリで大物の感触、我慢比べをしましたが

より戻し付近で道糸が切れてしまいました。

  やはり私はへたくそなんだとあきらめました。

その後、仕掛けを作り直し始めましたが、昼も回っていたので

あたりも止まって2時に終了です。
  今日は、鯉が一匹も上がりませんでしたが五回の

ハリス切れ(道糸切れも含む)の中には鯉もいたのかも

知れませんが、50センチのヘラブナもその中にいたのかも

と思うと残念です。

  今回の釣りもとても楽しかったです。  次は、何時になるか

分かりませんが、今から楽しみです。

  こんな感じで本流でも釣れ始めたようです。 

  この場所に行かれる方、ご検討を祈りします。