釣 行 日 2008/03/23 (土)
場  所  甚兵衛広沼 竹藪下
時  間 午前7:30頃〜午前10:00頃
仕 掛 け  竿12尺  道糸2.0号  ハリス0.6号  上25cm  下30cm   バランス
えさ   イモグル  四季グル
釣果  完全オデコ   当たりらしきもの一回もなし
 
  本日は非常に良い天気になるとの天気予報で午前中

のみだが釣行した。前回は3日前なので、こんなに短い

  期間の釣行は初めてだ。

  午前5:30に出発したが、バイクで出かけたものの

春が近いとはいえ、夜明けの時間は強烈な寒さだ。

北千葉道路を80キロで走る時の寒さは真冬と同じで

凍えそうになる。

  コンビニで暖かいコーヒーと肉まんで朝食、これは良かった。

 
  目指す場所は前に偵察した甚兵衛広沼だ、ここには

車が入れないように金網の扉がついているので

寒い思いをしてバイクで来たのもこれが目的、土手下の

道は侵入禁止になっているがバイクなら何とか入れる。

  良い感じの釣り場だ、のっこみが始まると最高だ。

  水深がどのくらいあるのか確かめたら30センチしかない。

浅いとは思ったが、ここなら釣れなくても自然を満喫できる。

  これがいいんだなー。
 
  しかし浮きは動かない。蒲をつつくこと1回、何がつついたの

かは分からない。生命現象はその一回のみ。

  小さなジャミが時々はねるが、メダカよりも小さい魚

何の稚魚だろうね。

  印旛沼水系は植物養育の為、通常より水位を30センチ

下げているらしい。この性で印旛水系全体で釣れないらしい。

  他のホームページに書いてあった。

  4月3日まで続くとのこと、あと30センチあればきっとヘラ鮒も
   浅場に入ってくると思う。
 
  水際の様子を見回ったところヘラ鮒の死骸があった。

40センチはあるだろう抱卵している。死んだ原因は何か

分からないが前回の一本松機場でも数匹の死骸を見た。

  水位が低いのと関係あるのかも知れない。

  それとここでは架橋の工事が関係しているのかも

分からない。もったいないことだ。
 
  ここに着いて日が上がり少し暖かくなると背にした竹藪で

ウグイスが鳴き始めた。

  ホーホケキョ、ケキョ・・・・・・・・ケキョ、ホーホケキョ。

春を感じる。しかし良く鳴くウグイスだ。それもすぐそばで

  しかし一箇所にはいない、竹の枝から枝へ移動しながら

さえずっている。

  写真を撮ろうと構えるがどこにいるか分からない。

  声のする方向に構えてシャッターを押す。
  
  偶然にも何枚かの写真の中の1枚に写っていた。

これがホーホケキョの正体です。大きさはすずめ位、

声は、はるかに美しいです。

  ウグイスってこんな顔してたんですね。

  春を満喫したので帰ることにします。

  土手下の道路です。砂利道でパンクしなくて良かった。

  バイクのパンクは最悪です。良かった良かった。


  このバイク125ccだけど110キロ出ます。

  メイドイン台湾です。

  春の間はのっこみを求めてこのバイクにお世話になります。

  次回もきっとこの場所だと思います。