釣 行 日 2008/03/20 (木祝)
場  所  西印旛沼 一本松機場前
時  間 午前8:30頃〜午前10:00頃
仕 掛 け  竿12尺  道糸2.0号  ハリス0.6号  上25cm  下30cm   バランス
えさ   イモグル  四季グル
釣果  完全オデコ   当たりらしきもの一回もなし
 
  本日はまだ行ったことが無い釣り場を求めての偵察を

兼ねた釣行です。

  一週間前くらいの天気予報では曇りだったが3日前位から

一日雨の予報になってしまったが、一日は降らないだろうと

天気予報が外れることを期待して出発したが、雨はやみそう

に無く、益々ひどくなってきた。

  おまけに風と寒さでこごえそう。

 
  様子を見たが、もじりは全く無い。

  ウーンどうしょう?

 初めて来た釣り場は、凄く雰囲気のいい場所だ

印旛沼と直接繋がっており時期には大釣りも期待できそうな

雰囲気を備えている。
 
  ここに着くまでに細い道を通ってきたがもう一回通れと

言われても無理かも、カーナビにセットして案内されるまま

運転し、あまり細い道ばかりなので心配したが、土手が

見えてきたのでホットした。

  文明の利器、凄いものを発明したものだ。

ただ古くなったので、道が無いところを画面で走ったりするが

やはり頼りになる。
 
  いい感じの穴です。きれいになっています。

天気が良くて暖かかったら葦が揺れヘラ鮒がモコッと顔を

出しそうな雰囲気が最高の場所です。

  でも水深が少ないようです。
 
  とりあえず誰もいないのでここではやらず沼の反対側の

竜神橋の細の様子を見てこようと車を走らせました。

風が強かったので風をよけられる所との算段だったの

ですが、そこも水が少なくコリャ駄目だということで

一本松に戻ることにしました。

  ここで蒲際を狙おうと思ったのですがやはり30センチ位

しか無かったのでちょっと左の竹ざおの手前を狙うことに

しました。それでも1本位
  準備していたら後ろから「どうですか?」と二人の釣師に

声を掛けられましたが「まだ始まったばかりです」と応えたら

「今日はどこにも釣師が見当たりませんとのこと」

  こんな天気でやるのは、私くらいのものだと思っていました。

しばらく周辺を様子見していましたが帰ったのかなと思ったら

  道具を抱えてきて、「入らせてもらいます」と声をかけられ

仲間が出来てうれしかった。

  おまけに迷惑のかかる距離ではないのに挨拶までして
いただき気持ちが良かった。

  この浮きが動きません。


  2時間近く餌を打ちましたが全く浮きが動かないのと

寒さが身にしみてきたので終わることにしました。


  帰り際、後から入られた方の写真を撮らせて戴きました。
 
  
釣れるといいですね。

 
この場所は人気があるので色んなホームページに

載っているのですが、ほんとに良い場所だと思います。

  大型のヘラ鮒もいると確信持てます。

  好きな釣り場が又増えました。

  暖かくなってからが楽しみです。