釣 行 日 2007/03/25 (日)
場  所 印旛沼西岸_竹やぶ付近
時  間 午後3.00〜午後6.00
仕 掛 け 竿9尺  道糸1.5号  ハリス0.6号  上12cm  下15センチ  バランス仕掛け
えさ  いもグル
釣果  大型バラシ4匹  今日もオデコ
  朝から温かい雨が降り昼頃にやみそうになったので
昼飯を食べてから出かけた。

  暖かい
雨ということでもしかしたらのっこみが始まって
いるかもしれないと土手下に車を止め偵察。

  すでに一人やっていたが、釣れてはいなかった。やはり
駄目かなと様子を土手の上から見て回った。
釣りやすそうな場所は魚の気配なし、もう少し足を進めた。

  写真の場所で水面が動いている。蒲が揺れてる。
魚の背びれが見えてる。でかいこの写真の周囲で
  いたるところで蒲が揺れる。
しかし、えさを打ち込める場所がない。何とか写真の状態に
場所作り。いる魚を散らさないように注意しながら場所作り。
 
ところが、浅い、水深が30センチ弱こりゃ駄目かなとは
 思ったが、回りに魚がいるんだから帰るわけには行かない。
何故だか魚の気配がするのはこの場所の回りだけ。
  
  浮きを短いものに替えハリスも12センチ15センチと
切り詰めた。何とか浮きが立つようになった。

  えさを打つが浮きが動かない。1時間くらいでやっと浮きが
動き始めた。

  モゾで一発目が来たが蒲に逃げられハリス切れ。がっくり、
でかかったな。水深が浅いので場が荒れるためかしばらく
ノーピクしかし30分くらいで二発目が来た。でかい、回りの
障害物に邪魔され針が外れた。またもやガックリ。
  やはり30分で三発目が来たが左に走られまたもやバラシ。
日没で暗くなったのでこの一投で終わりと思ったら四発目
が来た。へらぶなの大きな顔を見た瞬間バラシてしまった。
左の写真は釣れたものではありません。
説明のため他のHPから借りました。

これは50cmオーバーのへらぶなですが、腹パンで変形
しているへらぶなを今回の釣りの途中で見たんです。

何故だか釣りをしているときに自分の釣り台から手の届き
そうなところを魚が悠々と泳いで通るんです。それも水深
15から20センチのところです。釣りの途中で何回も通るんです。
鯉も大型です。明らかにへらぶなこれは40cmクラスです。

そしてビックリしたのは写真のような変形したへらぶなです。
それはでかく印旛沼の主かもしれませんね。私の記憶
では写真よりも下の漫画のように腹がもっと出っ張って

いたように思います。そしてこのへらぶなの後を大型の
へらぶなが数匹追っかけて行くんです。それが雄なんです
かねえ?本当に感激物でした。

バラシたのはこんな大型だったのかなと残念で悔いが
残りますが、そうだとしたらまず上げるのは無理かも
知れませんいつまでも夢にしておく方が幸せかもわかりません。

次の釣行ではもうのっこみは終わったいるかもしれません
印旛沼は色々楽しませてくれます。ホントいいですねえ。

絵が下手ですみません。見苦しくてゴメン。
追伸
のっこんではいるようですが、ハタキはまだのようです。
明日かあさってにはハタキもあるかも知れません。
行かれる方は頑張ってください。場所詳細