釣 行 日 2006/11/3 (金祝)
場  所 印旛新川 逆水橋付近
時  間 午後2.00〜午後5.00
仕 掛 け 竿18尺  道糸1.5号  ハリス0.6号  上30cm  下35センチ 
えさ いもグル単品
釣果  鮒 5匹   鯉3匹

  今日は夕方に用事がないので夕まずめを狙ってみようと

11時半に出発、11月なので深場の釣りのほうが有利と

見て、印旛新川に直行。

午後1時に八千代橋に到着、道の駅付近を様子見て

結構、釣り人多く場所選定に迷う。

←道の駅対岸


 
←道の駅下
 

←道の駅下側、以前無断で釣り場を借りてやったとこ。

 

←ヘドロ対岸かな?

 

←ヘドロかな?  場所がはっきり分からずごめんなさい。


  一時間ばかり、場所を探してここに決まりました。

あっちこっちで深さを測りここが4メーターくらいあったので

決めました。

  逆水橋上流で竿を出そうと思ったのですが、2メーター

位しかないので止めて、

  流れ込みのところでいい釣りができると

なんかの本で読んだことがあるのでここで開始。

  丈八のバランスしかけで開始したが、深さを測ってみたら

打ち込む場所が少し違うと深さが全然違う相当凸凹の様子だ。

おまけに根かかりが有り7投位で必ず引っかかりそのたびに

ハリスを切らなくてはならない。

  それでも何とか釣れるようになってきた。


  モゾで完璧な真鮒

水深が4メーターくらいあるので小さくても楽しめる。

おまけに、カーボンの竿も数十年使い込んだもので

へたっているのでなかなかあがってこない

でも最高に楽しい。

  きれいなツンで絶対にヘラだと思ってあがってきたのは

30センチの鯉


  へら鮒だよと看板でも背負ってあがってくれると助かる

んだけど、ヘラじゃないよねえ。

 でも つれれば何でもいい

よしよし

  鮒です。

  またまた鮒です。


  夕日がすごくきれいだった。やはり自然はいい。

この時間まだ浮きが動いてた。

  根掛かりはバランス仕掛けに少し流れがあるからと

判断、流れがあっても針が動かなければひっかからない

だろうとドボンに変更、ところがあたりが出ない。

  餌を付け直そうと上げたら、また根かがりかと思ったら

魚信の手ごたえ有り鯉が上がってきた。


  しばらくしてまたもや、あたりのないまま今度は鮒が上がって

来た。参ったねえ。

  やはり日頃の行ないがよいからと納得。

でも次回は、ドボンの時ハリスを短くしてみようと思う

きっと、当りが出るようになるかな、これも自信がないです。

ドボンて難しいと感じるこのごろ

  暗くなって道具を片付けるのに大変だった。バイクに乗る

頃には、真っ暗、そこまでやるかとカーちゃんの声がきこえる。